1. TOP
  2. 学恋コラム
  3. 【大学生活がつまらない人必見】つまらない人・楽しい人の割合は?

【大学生活がつまらない人必見】つまらない人・楽しい人の割合は?

大学 つまらない 楽しい

大学生活が「楽しい」か「つまらない」か現役大学生にアンケート。

なんと4割以上の大学生がつまらないと感じている衝撃的な結果に…。せっかくの大学生活、どうせだったら楽しいキャンパスライフを送りたいですよね!

「大学がつまらない…」と感じている人はぜひこの記事をご覧ください。楽しい学生生活を送るためのヒントが盛りだくさんです!

1.大学生活が「楽しい」か「つまらない」か現役大学生にアンケート

大学が「つまらない」と感じている学生は40%

どれくらいの人が大学生活はつまらないと感じているのか見ていきましょう。学恋パーティー編集部がTwitterで実施した「大学生活は楽しいですか?」「つまらないですか?」というアンケート結果がこちらです。

アンケート結果を見ると、なんと40%の人が大学は「つまらない」と感じていることが判明しました。楽しい(41%)と回答した大学生と比べても、かなり多い数字ですね。

世間から見ると、楽しそうなイメージを持たれている大学生ですが、実際にアンケートをしてみると、思ったよりもつまらないと感じている学生が多いことがわかりました。

次の項目では、楽しいと回答した人と、つまらないと回答した人のエピソードについて見ていきましょう。

大学が「楽しい」と回答した人のインタビュー結果

大学生活が「楽しい」と回答した人のインタビュー結果を見ていきましょう。

  • インカレのダンスサークルに入っているので、他大学の友達が増えました。大人数で合宿に行ったり、練習終わりに飲みに行くことが多くて楽しいです。また、ゼミ仲間とも仲が良くて、カフェに行っておしゃべりをしたり、とても楽しいです。(大学4年 女子学生)
  • 大学生になると、短期留学など自分のやりたいことに挑戦できるので楽しいです。あとバイト先の仲がとても良くて、他学年の人と話すのも楽しいです。(大学2年 女子学生)
  • 旅行サークルに入っていたのですが、メンバーと一緒に川下りをしたり、バーベキューをしたりと、とても楽しかったです。またカフェのバイトもしているのですが、アルバイト同士の仲が良く、みんなで忘年会をしたり楽しいです。(大学3年 男子学生)
  • 大学生活は楽しいです。やっぱり恋人の存在は大きいですね。高校生の頃と比べて、バイトをして多少のお金があるので、一緒に旅行に行けたりと、楽しみが一気に増えました。(大学4年 男子学生)

以上が「大学生活が楽しい」と回答した学生のインタビュー結果でした。このように①サークルやゼミ活動が充実してる②仲の良い友達がいる③やりたいことに挑戦してる④恋人がいる、どれかしらに該当すると大学生活の楽しさが一気にアップします。

大学が「つまらない」と回答した人のインタビュー結果

大学生活が「つまらない」と回答した人のインタビュー結果を見ていきましょう。

  • 大学生活はつまらないです。休みが多いのですが、特にやりたいことがあるわけでなく、家でダラダラと過ごしてしまいます。(大学2年 女子学生)
  • 思ったよりもキャンパス内での出会いが少なくて、つまらないです。周りの友達もみんな「出会いがない」と言っています。(大学4年 男子学生)
  • 3年生から大学に編入したため、友達があまりできませんでした。そのため、授業も1人で受けないといけないので、そこが1番辛かったです。カップルで授業を受けている学生を見た時は、うらやましいなーと感じました。(大学4年 男子学生)

また、学恋パーティー編集部がTwitterで実施した「大学生活がつまらない原因は何ですか?」というアンケート結果がこちらです。

友達がいない(11%)、授業がつまらない(21%)、やりたいことがない(13%)と比較すると、出会いが少ないこと(55%)が原因と考えている大学生が多いですね。

「出会いが少なくてつまらない…」と感じている学生は、大学生におすすめの25個の出会いの場をまとめた記事があるので、そちらもぜひ読んでみてくださいね。

関連記事
【出会いがない大学生必見】学生の出会いの場25個を徹底解説!

以上が「大学生活がつまらない」と回答した学生のインタビュー結果でした。

2.大学がつまらない時にやって欲しい5つの事

①友達と一緒に「学恋パーティー」に参加する

学恋パーティー
おすすめ度★★★★
コスト★★★
難易度

大学がつまらない時にやって欲しい1つ目の事は「学恋パーティー」です。

学恋パーティーとは、学生限定の恋活パーティーであり、東京、大阪、京都、名古屋の4つの地域で開催されています。参加資格は18歳~24歳の学生限定で、大学生、大学院生、専門学生が参加できます。

学恋パーティーのおすすめポイントは次の通りです。

  • 18歳~24歳の学生限定のため、同年代と話せて楽しい
  • 1回の参加で平均10人くらいの異性と連絡先の交換ができる
  • チャラい人は少なく、キャンパス内で見かける普通の大学生同士が出会える

最近では、学恋パーティーがきっかけで付き合ったカップルもたくさんできており、大学生におすすめの出会いの場所です。お申し込みは同性2名1組制のため、人見知りの人でも安心してイベントに参加することができます。

「出会いがなくて、大学生活がつまらない…」

そんな方はぜひ、学恋パーティーに参加してみてはいかがでしょうか?

学恋パーティー参加者の9割以上は初参加のため、イベント初心者でも安心して楽しめます!

②インターンに参加して、やりたい仕事を見つける

インターン
おすすめ度★★★
コスト
難易度★★

大学がつまらない時にやって欲しい2つ目の事は「インターン」です。

インターンとは、就活前の時期に企業が行っている「職業体験」の事です。社会に出たら「どんな種類の仕事があるのか」「実際の勤務内容はどんな感じなのか」を具体的に学ぶことができるので楽しいと思います。

インターンには大きく分けて次の3つの種類があります。

  • 業界や仕事内容の説明がメインの1dayインターン
  • 企業から出された課題をチームで解決する短期インターン
  • 数ヶ月単位で実際の業務を経験できる長期インターン

1、2年生は1dayインターンに積極的に参加して、まずはどんな仕事に就きたいのか考えてみましょう。

ある程度「この仕事をしたい」と決まっている大学生は、短期インターンや長期インターンに行くと、企業によっては選考の一環として行なっている会社もあるので、就活に有利に働きます。

また、長期インターンの場合は、給料を出してくれる会社も多いです。スマホアプリでおなじみのLINEは1か月で40万円もの報酬を支払う「エンジニア就業コース」というインターンが話題になりました。

インターンに参加して、やりたい仕事が見つかると良いですね!

やりたい仕事が見つかったら、それに向かって努力することができるので、大学生活を充実できます!

③同年代が多い「アルバイト」で友達作り

アルバイト
おすすめ度★★★
コスト
難易度★★

大学がつまらない時にやって欲しい3つ目の事は「アルバイト」です。

大学生にとって、1番身近なコミュニティはサークルですが、2年生以降から入るのは難しいというデメリットもあります。そんな時は、大学生が多いアルバイトに応募してみると、友達の輪が広がるのでおすすめです。

アルバイトを探す時は、次の2点に気をつけると友達を作りやすいです。

  • 同年代が多いアルバイトを選ぶ
  • バイト同士が仲の良さそうな職場を選ぶ

そのため、カフェやレストラン、居酒屋などの飲食店のアルバイトやライブなどのイベントスタッフを中心に調べてみると良いでしょう。

  • カラオケで働いていたのですが、バイト中にお酒の話で盛り上がり、今度飲みに行こうという話になりました。その後シフトが同じ日があり、実際に飲みに行って仲良くなりました。(大学2年 女性)
  • たまたま2人勤務の日があり、話しているうちに仲良くなり、飲みに行こうという流れになりました。(大学3年 女性)

インタビュー結果から分かるように、シフトが同じで帰る時間が重なった時などは、ご飯や飲みに行けて仲良くなりやすいです。

また、先ほどご紹介した学恋パーティーでもアルバイトを募集しています。

学生主体でアットホームな職場なので楽しいと思います。気になった方は学恋スタッフの詳細をご覧ください。

アルバイトは友達作りだけでなく、恋愛に発展する出会いも期待できるので、気になった方はぜひ応募してみましょう。楽しいバイト先が見つかると良いですね!

④就活に役立つ「資格の勉強」をする!

資格勉強
おすすめ度★★★
コスト★★★
難易度★★★

大学がつまらない時にやって欲しい4つ目の事は「資格の勉強」です。

大学の授業がつまらないと感じるのは、自分の興味がある分野でなかったり、将来に役立つ勉強でないことが原因のケースが多いです。そういった大学生は、就活に役立つ資格の勉強を始めてみると、やる気が出るのでおすすめです。

最近ではいろんな検定や資格ができています。趣味のものから日々の生活、就活や仕事に役立つものまでさまざま…。

ここでは就活に役立つ資格をご紹介します。

  • TOEIC
  • 日商簿記検定
  • 秘書検定
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)検定

比較的短期に取得できる資格も多いので、長期休暇を利用して複数の資格勉強をしてみるのもいいですね。

また、「将来は独立したい」「年収1千万円以上を目指したい」と考えている大学生は、かなり難易度は高くなりますが、士業(しぎょう)と呼ばれる専門職の資格に挑戦してみるのも良いでしょう。

  • 弁護士(法律)
  • 公認会計士(会計監査、コンサルティング)
  • 税理士(税務業務)

上記の資格は、社会人になってから取得するのは時間的に難しいので、学生の間にチャレンジできると良いですね!

⑤旅行に行って、思いっきり遊び倒す!

旅行
おすすめ度★★★★★
コスト★★★★
難易度★★★★

大学がつまらない時にやって欲しい5つ目の事は「旅行」です。

普段の大学生活は、学校と家の往復だけで終わってしまい、つまらないと感じている人も多いのではないでしょうか?

そんな時、思い切って旅行に行ってみると、普段とは違う非日常のワクワク感を体験でき、とても楽しいのでおすすめです。

旅行に行くなら、国内旅行・海外旅行・1人旅の3つの中から、プランを考えてみると楽しいです!

  • 国内旅行に行くなら、沖縄か北海道がオススメ。水族館や海、マリンスポーツで遊びたいなら沖縄、お寿司や味噌ラーメンなどの飲食店巡り、旭山動物園や釧路湿原などの観光に行きたいなら北海道に行ってみると良いでしょう。
  • 長期休みは、まとまった時間が作れるので、海外旅行に行くのもアリ。旅行会社も、学生をターゲットにした割引プランを用意しているので、それらを利用するとコスパ良く、海外旅行に行けます。海外に遊びに行くのも楽しいですよね!
  • 大学生なら「1人旅」に行くのもお勧めです。普段の人間関係から解放されて、のんびりと時間を気にせずに過ごせるので、かなりリフレッシュできます。意外と1人旅も楽しいです。

大学生の場合は、夏休みが約1ヶ月半、春休みは2か月もあるので、旅行に行くのにピッタリです。「最近楽しいことがないなー」と感じている人は、思い切って旅行計画を立ててみましょう!

関連記事
夏休み編
【2019年版】大学生の夏休み期間を解説!今年の夏休みはいつから?
春休み編
【2020年】大学生の春休み期間を徹底解説!今年の春休みはいつから?

3.大学が「つまらない」と感じている人の6つの原因

①サークルに所属していない

大学がつまらないと感じている人の1つ目の原因は「サークルに所属していない」です。

サークルに所属しているかどうかは、その後のキャンパスライフを楽しめるかどうかの重要なポイントになります。

サークルに所属するメリットは次の通りです。

  • 同年代の友達がたくさんできる
  • 先輩や後輩との関わりも持てる
  • サークル合宿に行ったり、バーベキューをしたりと、みんなで活動するのが楽しい
  • キャンパス内での居場所ができる

反対にサークルに入っていないと、なかなか友達が作れなかったり、キャンパス内での居場所がなくなってしまうので、大学はつまらないと感じている学生が多いです。

これらの理由から、大学1年生の皆さんは、サークルには必ず入っておくことをおすすめします。また、2年生以降はインカレサークルも検討してみると良いでしょう。

②出会いが少ない

大学がつまらないと感じている人の2つ目の原因は「出会いが少ない」です。

次の3つの場所があるからこそ、大学生は出会いが多そうなイメージを持たれています。

  • 同じ学部学科
  • サークル
  • バイト先

反対に、これら3つの場所で出会いがないと、恋人を作ることは一気に難しくなります。学恋パーティー編集部がTwitterで実施したアンケート結果がこちらです。

なんと92%の大学生が学部・サークル・バイト先で出会いがないと回答しています。このため「出会いが少なくてつまらない…」と感じている人が多いのです。大学生だからといって簡単に恋人ができるわけではないのですね。

「恋人を作って、楽しいキャンパスライフを送りたい」

そんな方は男女別に恋人を作る方法を徹底解説した記事があるので、そちらもぜひ読んでみてください!

関連記事
男性向け
【彼女欲しい人必見】5年間の実体験から導いた彼女の作り方の極意!
女性向け
彼氏が欲しい大学生&社会人必見!男目線で彼氏の作り方を解説!

③友達が少ない

大学がつまらないと感じている人の3つ目の原因は「友達が少ない」です。

高校の時はクラスがあり、毎日同じメンバーと一緒に授業を受けるため、人見知りでも友達を作りやすい環境でした。

しかし、大学は授業ごとにメンバーが変わるため、自分から積極的に話しかけないと友達はなかなか出来ません。

そのため、「友達が少ない…」という悩みを抱えている大学生は意外と多いです。友達が少ないと、次のようなデメリットがあります。

  • 昼休みにぼっち飯を経験することになる
  • 授業も1人で受けないとならず、テスト前にわからないことを質問できない
  • みんなで飲みに行ったり、旅行に行ったりするなど、大学生らしいことを経験できない

このような理由から、大学生活を楽しみたいなら、仲の良い友達を作ることをおすすめします。

④楽しくないことを無理にやっている

大学がつまらないと感じている人の4つ目の原因は「楽しくないことを無理にやっている」です。

例えば、次のようなことが当てはまります。

  • 単位のためにつまらない授業を履修している
  • アルバイトを辞めたいけど、なかなか言い出せない
  • 興味がない分野のゼミに入ってしまった
  • サークルが楽しくないけど、だらだら続けている

このように楽しくないことをやっている時、つまらないと感じている大学生が多いです。 ゼミや必修の授業などは、卒業単位に関係するので、なかなか変えることは難しいですが、サークルやアルバイトならそのような制約はありません。

そのため、つまらないと感じたら、思い切って変えてみる勇気も必要です!

⑤主体的に行動していない

大学がつまらないと感じている人の5つ目の原因は「主体的に行動していない」です。

高校生の頃は、1~6限まで授業があり、文化祭や体育祭など決められたスケジュールどおりに過ごしていれば、楽しい学生生活を送ることができました。

しかし大学生は、履修を含めて全てのことを自分で決めなければならず、良い意味でも悪い意味でも、全てのことが自己責任です。

そのため、高校の時のように受動的に行動していると、家と学校を往復するだけの生活になってしまいます。

そうなってしまうと、「大学はつまらない」と感じやすいです。

⑥遊びを知らない

大学がつまらないと感じている人の6つ目の原因は「遊びを知らない」です。

大学生は時間に余裕があるので、色々な遊び方を知っていて、自由な時間も楽しめる人にとっては最高な環境です。

反対に遊び方を知らない人は、時間はたくさんあるけどつまらない…と感じてしまうことが多いです。

「でもどんな遊び方があるか分からない…」

そんな方は大学生におすすめの16個の遊び方をまとめた記事があるので、そちらをぜひ参考にしてみてください。

関連記事
【最新版】大学生におすすめの16個の遊び方を徹底解説!大学生は遊びも大切

4.楽しい大学生活を送るための3つのアドバイス

大学を楽しむ アドバイス

①何事に対しても主体的になる

楽しい大学生活を送るための1番のポイントは、何事に対しても主体的になることです。

大学生は主体的に行動できれば、いくらでも楽しめます。例えば、教授がだらだらと話すだけの授業は、誰もがつまらないと感じます。

ただ、そういった授業も積極的に発言してみたり、気になったことを自分で深く調べてみると、新しい発見が見つかり、楽しいと感じられるでしょう。

また授業以外でも、興味があることには失敗を恐れずに挑戦してみてください。

  • 長期のインターンシップに行ってみる
  • 学恋パーティーに参加する
  • 1人暮らしをするためにお金を貯める
  • 留学に行って、語学力を身につける
  • 学生起業する

このように目標を決めて、主体的に行動できれば、キャンパスライフを思いっきり楽しめます。

②たくさん恋愛経験を積もう

楽しい大学生活を送るための2つ目のポイントは、たくさん恋愛経験を積もうです。

なぜなら、学生の頃の恋愛は仕事や結婚など将来のことにとらわれず、純粋に自分の気持ちに従って、好きだから一緒にいることができる貴重な時間だからです。この時期に色々な異性と出会い、恋愛経験を積んでいくことで、人間は成長していくものです。

また、社会人になると、仕事が忙しくて恋愛をする余裕がなくなります。それに加えて、職場で出会いがなければ、自分から行動しないと本当に出会いがなくなってしまいます。

そのため、時間がたくさんある大学生の間に色々な出会いの場に行って、素敵なパートナーを見つけておくことをおすすめします。恋人がいたら、一緒にディズニーランドに行けたり、旅行に行けたりして、学生生活の楽しさもぐーんとアップします♡

最近では、学恋パーティーのような学生限定の出会いの場もたくさん登場しているので、そういったものを利用してみると良いでしょう!

③理想と現実の差を少しずつ埋めていく

楽しい大学生活を送るための最後のポイントは、理想と現実の差を少しずつ埋めていくことです。

人それぞれ「こうなりたい」と思い描いていたキャンパスライフがあると思います。

  • 友達が多くて、ワイワイとした楽しい生活
  • 恋人と半同棲して、毎日が幸せな生活
  • 学生起業して、仕事を中心とした生活

その目標を実現するためには、コツコツと努力していくことが大切です。

例えば、友達が欲しいなら飲み会を開いたり、学生交流会などに積極的に参加してみる。恋人が欲しいなら、学恋パーティーなどの出会いの場に行ってみる。起業したいなら、インターンに行ったり、セミナーに行ったりして勉強する。

頭で考えるだけでなく、行動に移せるかどうかに、理想を実現できるかどうかはかかっています。そのため、失敗を恐れずにどんどん挑戦していきましょう!

以上、楽しい大学生活を送るための3つのアドバイスについてでした。

この記事のまとめ

この記事では、大学生活が「楽しい」か「つまらない」かに関して、次の4つの視点から解説しました。

  • 大学生活が「楽しい」か「つまらない」か現役大学生にアンケート
  • 大学がつまらないと感じた時にやって欲しい5つの事
  • 大学が「つまらない」と感じている人の6つの原因
  • 楽しい大学生活を送るための3つのアドバイス

大学生活は、1生に1度しか経験できない貴重な時間です。年をとってから「大学生に戻りたいなー」と思っても、後戻りはできません。

そのため、アドバイスを参考にして、今まで「大学はつまらない」と感じていた人も、楽しいキャンパスライフを送れると良いですね!

以上、【大学生活がつまらない人必見】大学がつまらない人・楽しい人の割合は?という話題についてでした。

おすすめ記事ランキング

最近の記事