1. TOP
  2. 学恋コラム
  3. 合コンしたい大学生必読!セッティングから必勝法まで徹底解説!

合コンしたい大学生必読!セッティングから必勝法まで徹底解説!

大学生 恋愛 アプローチ法

合コンしたい大学生に向けて、セッティングから必勝法まで徹底解説。

最適な人数、異性にセッティングを頼むコツ、メンバーやお店選びのポイントから自己紹介に会話ネタ、大学生鉄板の合コンゲームまでどこよりも詳しく解説します!

それに加えて学生限定の○○という合コンイベントも紹介しているので大学生は必読です!

大学生が合コンを開く前に覚えておきたいこと

大学生の合コン事情アンケート!参加経験がある人は意外と少ない

最初に学恋パーティーが実施した「大学生の合コン事情アンケート」についてみていきましょう。

アンケート結果を見ると、なんと61%もの大学生が合コンに参加したことがないという衝撃的な結果になりました。

「会話に自信がない」「チャラい人が多そう」というネガティブな意見がある一方、「誘ってくれる友達がいたら行ってみたい」「普通に楽しそう」という好意的な意見も目立ちました。

合コンの人数は3:3が最適!

合コンを企画する上で、どれくらいの人数にするか悩みどころですよね。結論から言うと、人数は3:3がBESTです。2:2だと少人数だから全員とじっくり話せますが、好みの異性と出会える可能性は低くなってしまいます。反対に4:4だと好みの異性と出会える可能性は高くなりますが、日程調整が大変だったり、会話に混じれない人が出てしまうこともしばしば…。そのためにできることなら3:3に調整するのが無難です。

異性の友達に合コンセッティングを頼むときのコツ

合コンセッティングする時に1番悩むのが、どうやって異性の友達にセッティングを頼むかですよね。その友達と仲が良くて、ノリが良い相手の場合には「○月あたりに合コンしよう」とストレートに聞くのが良いでしょう。相手も恋人を探している場合は「おっ、楽しそうだね。何人集める?」などと返してくれるはずです。

相手とちょっぴり距離がある場合は、「○○におしゃれなお店があるんだけど、友達誘って行かない?」など、合コンという単語を出さずに誘うのがコツです。その時に使うお店は表参道や六本木などのお洒落な場所であったり、チーズフォンデュが美味しいなど何かしらの目立つ特徴があると効果的です。最近流行りのインスタ映えするお店だと女子ウケも抜群ですね!

同性メンバーは3つの基準から選ぼう!

同性メンバーを集めるなら、次の3つの基準から選ぶようにしましょう。

  • ノリが良い人
  • ルックスが良い人
  • 好みのタイプが異なる人

合コンの成功は「盛り上がり」にかかっているので、最低1人はノリが良い友達を誘っておきたいところ。また、ルックスが良いメンバーがいると異性を誘う時に「芸能人の○○に似てる友達を誘っておくね!」という最強の誘い文句に使うことができます。また、友達と狙ってる子が被ってしまった…なんてことが起こらないように、好みのタイプが異なるメンバーを集めておきましょう。

お店選びの3つのコツとお会計時の注意

お店選びは次のことを気をつけると良いでしょう。

  • 新宿、池袋、渋谷などアクセスしやすい駅
  • 参加費は3000円以下が理想
  • できれば個室のお店

場所に関しては、みんながアクセスしやすいように繁華街の駅チカがおすすめ。大学生なので料金は2,000円~3,000円に設定するとgood。そして、周りのお客さんの目を気にしないで落ち着いて話せるように、できれば個室や半個室があるお店が理想です。

お会計の時は、男性メンバーが少し多めに支払ってあげるとスマートで好印象です。例えば1人あたり3,000円のコースの場合、男子が3,500円、女子が2,500円と設定するのが無難です。大学生同士なら無理しておごる必要はないでしょう。

セッティングするのが大変なら…学恋パーティーを利用しよう!

合コンをセッティングするのが大変なら「学恋パーティー」を利用するのはアリです。学生限定のイベントで、合コンの大規模版のイメージです。参加は2名1組制で、東京、大阪、名古屋の3つの地域で開催されています。当日までの流れは簡単3ステップ。

  • イベントを選んで申し込む
  • 料金を支払う
  • 当日指定された会場に向かう

このように合コンをセッティングするよりも楽なので、気になった大学生は利用してみると良いでしょう。

学恋パーティー
学恋パーティーの詳細はこちら

いざ合コン当日!4つの重要ポイントを押さえておこう!

苦手な人も多い…自己紹介タイムを切り抜ける3つのコツ!

メンバーが全員揃って、ドリンクの注文をして、乾杯したら「自己紹介タイム」が待ち受けています。初めての合コンであったり、人前で話すのが苦手な人にとっては、結構キツイ時間ですよね。ここではタイプ別に3つの自己紹介文をご紹介します!

①鉄板の自己紹介文

初めての合コンであったり、人見知りの人は鉄板の自己紹介文を使いましょう。

初めまして。○大学○年の○○と言います。

体を動かすことが好きで、大学内のサッカーサークルに所属しています。趣味はダーツで、友達と学校帰りにダーツバーに行くのにはまっています。

今日はよろしくお願いします!

このように①学校学年、名前などの簡単な自己紹介②好きなこと、趣味、サークルなどの情報③最後に一言、を入れて簡潔にまとめるとテンポよく、良い感じの自己紹介になります。緊張するかもしれませんが、自己紹介の時だけは笑顔ではっきりと話すことを意識しましょう。

②ウケを狙う自己紹介文

こちらは上級者向けです。くれぐれも合コン初心者は真似しないように(笑)

どうも~○○です!

今日は人生で30回目の合コンということで、昨日は緊張して全然眠れませんでした。。。 芸能人で言うと福山雅治に似ているとお母さんは言ってくれます!!!

ガチガチに緊張していますが、よろしくお願いします~!

チャラいと思われるリスクもありますが、一気に場の雰囲気が明るくなるのとインパクト抜群なので、笑いのセンスがある大学生は実践してみると良いでしょう!

③サクッと自己紹介を終わらす

こちらは番外編ということになりますが、サクッと自己紹介を終わらすのも1つの手です。乾杯したら、「俺は○○って言います。こいつは○○で、あっちが○○です。」のように幹事がまとめて紹介すると、サクッと自己紹介を終わらすことができます。どうしても自己紹介が苦手なメンバーがいる時の奥の手にしましょう。

大学生向け!3パターンの合コン会話集

合コンでどんなことを話せばいいのかわからない…そんな大学生向けに3タイプの会話集を準備しました。ぜひ参考にしてみてください。

大学生活系

  • サークルはやっていますか?
  • 何のバイトをしてますか?
  • 大学では何の勉強をしていますか?
  • ゼミは入っていますか?

趣味系

  • 好きなバンドありますか?
  • 最近、旅行に行きましたか?
  • 休みの日は何をしてることが多いですか?
  • 好きな食べ物は何ですか?

恋愛系

  • 好きなタイプはどんな人ですか?
  • 前に付き合ってた恋人はどんな感じの人ですか?
  • 年下、タメ、年上の中で恋人にするならどれがいいですか?
  • 恋愛に対して受け身ですか?積極的ですか?

今まで恋愛をほとんどしてこなかった…そんな方はイマドキ大学生の恋愛事情を読んでおくと、恋愛ネタに乗り遅れないで済みます!

覚えておきたい合コンの定番ゲーム!

合コンといえば「盛り上がり」がとても大切ですが、ある程度会話が盛り上がってきたらゲームをやってみるのもおすすめです。ここでは大学生鉄板の合コンゲームを2つご紹介します。

①第一印象ゲーム

合コンといえば「第一印象ゲーム」と言っても過言でないくらい鉄板ゲームです。「この中で一番モテそうな人は誰だ~?」などとお題を言い、せーので指を指して多数決で決めます。そして1番多く指を指された人が負けで、罰ゲームをするというルールです。今までやったことがない人でも簡単にできるゲームなので、合コンの序盤でやってみると盛り上がるでしょう。最初は軽いお題から、段々と「この中で一番恋愛経験がありそうなのは誰だ~?」などのディープな恋愛ネタにもっていくのが定番です。下ネタは苦手な女性もいるので、様子を見てからにしましょう。

②山手線ゲーム

続いてご紹介するのは「山手線ゲーム」です。1度は名前を聞いたことがある大学生も多いのではないでしょうか?もともとは山手線の駅名を品川→大崎→五反田などと順番で答えていき、答えられなかった人が罰ゲームをするというゲームでしたが、都道府県であったり、飲食のチェーン店だったり、お題はなんでも変更OKです。こちらも大学生定番の合コンゲームですね。

合コン終了後は2次会がおすすめ!

合コンが終了した後は、2次会に行くのがおすすめです。楽しむ目的ならみんなで2次会に行くのも良いですが、恋人が欲しいなら2名ずつに別れて2次会に行くことを徹底しましょう。合コンから付き合うまでの流れは、①合コン→②2人っきりでデートをしてお互いを知る→③ちょっとずつ好きになる→④付き合う、という流れになりますが、その日のうちに2次会に行くことができれば、②の時間を短縮することができ、次のデートの時にはある程度仲良くなった状態で会うことできます。いい感じのペアがいたら、他のメンバーが全力でサポートしましょう。ここでは何よりチームワークが大切になります。

この記事のまとめ

合コンはメンバーによって成功率や楽しさが変わるので、何度かやってみるのがおすすめです。また、合コン以外にも最近ではたくさんの大学生の出会いの場が登場しているので、それらを利用してみるのも良いでしょう。最高な恋人を見つけてキャンパスライフをエンジョイしましょう!

おすすめ記事ランキング

最近の記事