1. TOP
  2. 学恋コラム
  3. 大学生におすすめの恋愛心理学を使った6つのアプローチ法*悪用厳禁

大学生におすすめの恋愛心理学を使った6つのアプローチ法*悪用厳禁

大学生 恋愛 アプローチ法

気になる異性がいるけどうまくアプローチできない…そんな大学生は多いです。

好きな人と仲良くなるためには、色々な方法がありますが、恋愛心理学を使うのも1つの手です。せっかくのチャンス、みすみす逃してしまうのはもったいないですよね…。

この記事は、次のような大学生におすすめです。

  • 異性にモテるようになりたい
  • うまくアプローチできるようになりたい
  • 恋愛心理学に興味がある

吊り橋理論などの有名なものから、アリストテレス効果などあまり知られていないテクニックまで、大学生におすすめの恋愛心理学を使った6つのアプローチ方法を徹底解説します!

評価項目について(5段階評価)
  • おすすめ度:★が多いほどおすすめ度UP
  • 難易度:★が多いほど難易度が上がる
  • 場面:利用するのにおすすめのシーン

恋愛心理学①ダブル・バインド(2重拘束)

ダブル・バインド
おすすめ度★★★★★
難易度★★★
場面デートに誘う時

ダブル・バインド(2重拘束)とは?

恋愛心理学におけるダブル・バインド(2重拘束)とは、YesかNoの選択肢ではなく、どちらもYesの選択肢を提示することによって、相手を自分の思い通りの答えに誘導する恋愛アプローチ方法です。

具体的なアプローチ方法

異性のことをデートに誘う際、「よかったらご飯に行きませんか?」と言うと、選択肢は「行く」か「行かない」の2択になるので、断られる可能性も高いです。そして、その可能性は相手との心理的な距離があるほど、大きくなります。

ただし、質問を「金曜日か土曜日、ご飯に行きませんか?」と言い換えると、選択肢を「金曜日」「土曜日」の2択にでき、デートに行くことが前提の答えを引き出すことができます。

このようにダブル・バインド(2重拘束)を使えば、自然と相手の気持ちをデートに行くという方向に誘導できます。

気になる異性にアプローチしたい!という大学生は、ぜひこの恋愛心理学を使ってみてください。

*選択肢は日程以外にも、和食かイタリアンなどの料理の種類や、新宿や渋谷などの場所でもOKです。ただし、2つとも相手の都合が悪い選択肢を提示すると、断られてしまうため、情報収集はしっかりしておきましょう。

恋愛心理学②単純接触効果(ザイアンス効果)

単純接触効果
おすすめ度★★★★
難易度
場面出会ってすぐの時期

単純接触効果(ザイアンス効果)とは?

単純接触効果とは、会う回数が多ければ多いほど、相手に対して好感を持ちやすくなるという心理現象のことです。毎日電車の中で顔を合わせる異性のことが好きになったり、テレビで頻繁に目にする芸能人を好きになるのも、この単純接触効果が働いています。

具体的なアプローチ方法

単純接触効果を有効に使うためには、とにかく会う回数を重ねることがポイントです。同じ3時間のデートでも、3時間×1回のデートより、1時間×3回のデートの方が効果は高いです。

気になる子とデートできる!となると、1回のデートで張り切りすぎてしまう大学生も多いですが、この「単純接触効果」を意識して徐々に距離を縮めることを意識してみましょう。

また、電車の中でよく顔を合わせる異性を好きになることがあるように、単純接触効果は言葉を交わさなくても効果があります。そのため、恋愛に対して奥手な大学生でも実践しやすいアプローチ方法の1つです。

恋愛心理学③フット・イン・ザ・ドア・テクニック

フット・イン・ザ・ドア
おすすめ度★★★★
難易度★★
場面デートに誘う時

フット・イン・ザ・ドア・テクニックとは?

フット・イン・ザ・ドア・テクニックとは、最初に断られなそうな小さなお願いをして、少しずつ要求水準を上げていき、最終的には本来の大きなお願いを引き受けてもらう恋愛テクニックです。これは一旦OKすると、次の依頼もそのままOKしやすくなる「一貫性の原理」という心理学に基づいています。

具体的なアプローチ方法

1番身近なフット・イン・ザ・ドア・テクニックの例はスーパーの試食コーナーです。

店員:今日から発売の新商品です。試食だけでもいかがですか?
あなた:(買う気はないけど)分かりました。
店員:ありがとうございます。おすすめなので良かったらお1ついかがですか?
あなた:(試食しちゃったし)分かりました。じゃあ、1つください。

上の例の場合、店員からいきなり「買ってください」と言われても、商品を手に取る大学生は少ないでしょう。しかし、試食という小さなお願いを承諾したことによって、商品を買うという大きなお願いも「まぁ、いっか」と承諾してしまうのです。

このように小さなお願いを「イエス」と言わせることができれば、本来の大きなお願いも聞いてもらいやすくなります。

これを恋愛に応用すると、「飲みデートに行く」という最終的な目標を達成するために、次の順番でアプローチしていくと良いでしょう。

プレゼント選びの付き添いをお願いする
お礼にケーキでもご馳走するよとカフェデートに誘う
行ってみたいおしゃれなお店があるんだけど、1人じゃ入れないから一緒に行こうとディナーデートに誘う
最後にバーなどの飲みデートに誘う

このように少しずつ要求水準を上げていくと、「このくらいならいいか…」と相手の心理的ハードルを低くすることができ、本来のお願いを通しやすくなります。

番外編…大学生の恋愛事情!なんと8割に恋人がいない?

ここまで大学生におすすめの恋愛心理学を使った3つのアプローチ方法を見てきましたが、番外編ということでイマドキ大学生の恋愛事情をご紹介します。

みなさんは、何パーセントの大学生に恋人がいると思いますか?

大学生 恋愛 アンケート結果

上記のアンケート結果のように、なんと81パーセントの大学生に恋人がいないという結果になりました。世間一般から見ると出会いが多いイメージの大学生ですが、恋人がいる割合は意外と少ないです…。

他にも、今まで付き合った人数は何人?告白は何回目にされたい?どこからが浮気だと思う?付き合うまでのアプローチはどこまでOK?恋愛のきっかけはどこなの?など、大学生の恋愛事情を徹底解説した記事があるので、興味がある方はそちらもぜひご覧ください。

恋愛心理学④フェイス・イン・ザ・ドア・テクニック

フェイス・イン・ザ・ドア
おすすめ度★★★
難易度★★★★
場面連絡先を聞く時

フェイス・イン・ザ・ドア・テクニック とは?

フェイス・イン・ザ・ドア・テクニックとは、大きな要求を断らせることによって、それよりも小さい本当の要求を引き受けてもらう恋愛テクニックです。先ほど説明したフット・イン・ザ・ドア・テクニックとは正反対の恋愛アプローチ方法になります。

具体的なアプローチ方法

フェイス・イン・ザ・ドア・テクニックは次のような人間心理を利用しています。

  • 断ってばかりいると、相手からの印象が悪くなるので、2つ目のお願いを聞くことによって少しでも印象を良くしたいという心理が働く。
  • 1つ目の大きなお願いに比べたら、2つ目のお願いは小さく感じて、「これくらいなら聞いてもいいか」と妥協する。
  • 相手も譲歩したのだから、自分も譲歩しないといけないという返報性の原理が働く。

このフェイス・イン・ザ・ドア・テクニックを利用して、気になる異性から連絡先を聞くアプローチ方法を1つご紹介します。

あなた:急だけど、今から一緒にご飯に行かない?
相手:ごめんなさい、今日はちょっと用事がある。
あなた:だったら今度ご飯に行きたいからライン教えて!
相手:分かった、それならいいよ!

このように最初に断られるような大きなお願いをすることによって、単独で連絡先を聞くよりも、引き受けてもらいやすくなります。

ただ、1つ目の質問を「結婚してください」などあまりに大きすぎるお願いにしてしまうと、相手からやばい人…と思われてしまうので注意してください。

*どちらかというと会話に自信がある大学生におすすめの恋愛アプローチ法です。一般的な大学生の場合は、相手と仲良くなってから使うようにしましょう。

恋愛心理学⑤アリストテレス効果

アリストテレス効果
おすすめ度★★★★
難易度★★
場面デートに誘われた時

アリストテレス効果とは?

アリストテレス効果とは、相手からアプローチされた時にすぐにOKしてしまうのではなく、少し時間をおいてからOKするという恋愛テクニックです。ギリシャの哲学者アリストテレスに由来します。

具体的なアプローチ方法

好きな相手からデートに誘われた時に、すぐにOKしてしまう大学生も多いでしょう。駆け引きは好きじゃない…という大学生はそれでも良いですが、どうせだったらここでも恋愛心理学を使いたいところです。

デートに誘われたら、「すいません、その日は予定があって…」と一旦断るようにしましょう。そして少し時間を置いてから、「さっきのデートの件ですが、予定をずらせたので大丈夫そうです。」とOKしてみてください。

そうすることで、即座にOKした場合よりも、相手の喜びは大きくなり、あなたに対する好意もぐーんとアップします。

特に男性相手に効果抜群です。モテる女子大生がよく実践している恋愛テクニックなので、ぜひ使ってみてください。

軽い女と思われたくない!そんな女性にもおすすめです。

恋愛心理学⑥吊り橋理論

おすすめ度★★★★
難易度★★
場面デート中

吊り橋理論とは?

吊り橋理論とは、吊り橋を渡るなどドキドキする経験を一緒にした男女は、恋愛感情を抱きやすいというものです。これは吊り橋を渡った時のドキドキ感を恋愛感情のドキドキ感と勘違いしてしまうためです。カナダの心理学者ダットンとアロンにより実証されました。

具体的なアプローチ方法

異性とデートする時は、擬似的にでもドキドキ感を演出した方が、恋愛に発展する可能性が高くなります。

吊り橋効果という名前ですが、わざわざ本当に行く必要はなくて、日常生活の中でも簡単に実践することができるアプローチ方法です。

例えば、ジェットコースターやお化け屋敷、軽い運動をデートに取り入れてみると良いでしょう。相手にバレずに、自然と使える恋愛テクニックなのもポイントです。

恋愛経験が浅い大学生でも実践しやすいテクニックの1つなので、ぜひデートコースを決める時などに実践してみてください。

この記事のまとめ

この記事では、大学生におすすめの恋愛心理学を利用した6つのアプローチ方法をご紹介しました。

どの恋愛テクニックも効果抜群なので、ぜひ試しに利用してみてください。

でも、恋愛テクニックを使う相手がいない…そんな方は大学生向けに16個の出会いの場をまとめた記事があるので、そちらをぜひご覧ください。

おすすめ記事ランキング

最近の記事